お知らせ‎ > ‎

9/14 図書館からのお知らせ

2018/09/14 6:24 に 田代清美 が投稿   [ 2018/09/14 6:50 に更新しました ]

蔵書管理システムの置き換えに伴い、皆様にはご不便をおかけしております。

 

<<未返却の書籍の回収>>

新システムで貸し出し状況を確認しましたところ、

2017年までに約1000冊の書籍が貸し出されたまま返却処理が行わてれていない状態です。

皆様に短時間でより多くの本を簡便に借りていただくという方針で、

これまで返却処理を棚に置くだけという簡易な方法で行って参りましたが、

多くの書籍の所在が確認できておりません。

未返却の書籍の中には返却処理を経ずに書架に戻されたものもありますが、

皆様におかれましては、今一度ご自宅に日本語学校の書籍が残っていないかご確認ください。

 

<<返却処理の厳格化>>

新システムの導入を機に、蔵書管理を徹底させるべく返却処理の厳格化を行います。

書籍の返却はカウンターにて手渡しで行い、

図書管理システム上で書籍が返却されたことを,

利用者の方、返却処理の担当者の相互で明確に確認してください。


<<
返却処理専用カウンターの設置>>

手渡しによる返却業務を迅速に行うため、

図書館後方入り口に返却専用のカウンターを設けます。

それに伴い、前方カウンターは主に貸し出し専用といたします。

 

<<貸し出し条件の厳格化>>

これまで、5冊の本が貸し出された状態であっても、

自己申告に基づき書籍は返却されたものとして貸し出しを行って参りました。

返却の厳格化に伴い、利用者カードに5冊の本が貸し出されたている場合、

新規に本を貸し出すことはできませんので、ご容赦ください。

 

<<優先貸し出しの規則の再確認>>

学校の就業前後、休み時間は、児童、生徒優先致します。

ご家族の方が児童・生徒の代行をされる場合も、

来館している児童・生徒を優先させていただきます。

カードを忘れた方は、一番最後の処理になります。

 

新システムへの移行、制度の変更で処理に時間がかかり、

お待たせすることがあるものと思います。

新制度が定着するまで不自由をおかけしますが、

ご協力いただけますと幸いです。

 

ボストン日本語学校の図書館は、米国という異国の地において、

2万冊の日本語の書籍を保有しております。

皆様と共に大切な財産として守っていくことができますと幸いです。

Comments