PTAページへようこそ

日本語学校を支えるのは保護者です! 


はじめに

ボストン日本語学校は非営利団体として、運営委員以下多くのボランティアによる支援活動によって学校として成り立っておりますが、言うまでもなくその活動の主体は保護者自身であり、子供達の教育環境をより良いものにしていくことはPTAの責任です。本校PTAでは、週に1回3時間だけの学校という特殊な環境の中で、子どもたちがより安全な学校生活を送り、楽しく学習できるようにと活動を進めております。新入会員の皆様にもご理解いただき、是非ご協力下さいますようお願い申し上げます。

PTA会員としての保護者の役割  ※保護者は全員、入学と同時にPTA会員となります。

☆ PTA活動への理解と参加
☆ PTA総会への出席
☆ PTA会費の納入(一家庭につき10ドル/年を、4月(または転入時)に納入します)
☆ クラス当番制度への参加と厳守
☆ クラス役員選出制度への理解と参加
☆ 学校行事の手伝い

クラス当番制度とは・・・


安全パトロール当番・コーヒー当番・図書当番・ファーストエイド当番があり、小学部以上の生徒一人につき年2~3回割り当てられます。 
子ども達が安心して有意義に学校生活を送れるように、保護者同士が協力して、学校・学級運営を支えるために不可欠な制度です。ボストン日本語学校保護者の義務として、責任を持って参加していただく必要があります。 
注)幼稚部や日本語部など一部のクラスでは、学校から保護者に依頼される、クラスヘルパーがあります。

クラス役員選出制度


本校のクラス役員は、担任の事務的補助や、当番・ヘルパーのコーディネートをするものですが、学級運営に不可欠であり、保護者が公平に担っていくべき役割です。希望者のいないクラスは、クラス役員選出基準により、公平で円滑にクラス役員を決定しています。
PTA活動の詳細は、「PTAハンドブック」をご覧ください。